日本食材を取り扱う企業様に、海外流通事業を支援いたします。

washoku.jpg ●〜 海外輸出に取り組む日本食ブランド 〜●

国内市場は、国産品の食の健康志向が高まる一方、少子高齢化と人口減少で国内需要の減退と労働力が減少しつつあります。経済成長に向けた新たな取り組みとして、海外市場の開拓と国際競争力を高めてゆくことが今後の大きな課題となっています。一方で、東アジアを中心とする消費市場の拡大、新興国を中心とした富裕層の増加など高成長を持続し、世界経済への影響力を強めています。
sushibar_1 2013年12月「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に正式登録後、年々日本食のニーズが世界的に高まり、農林水産省の推計で、海外の日本食レストランの数が 2013年3月約5万5千店から 2015年7月に約8万9千店を達成し、2017年には約11.8万店と高い伸び率を示しました。
日本食は安全であること、豊富な食材を使い、栄養バランスに優れ、健康的であること、おいしいこと、見た目にも美しさがあることで海外より高い評価を得、 農林水産物の輸出額は2013年、5,505億円から2018 images/sushibar_2 年、 9068億円(速報値)と約1.6倍も増加しました。 清酒や日本ウイスキー、みそ、しょう油など「和の飲食関連」が増大し、日本食・食文化は一層の拡がりを見せています。
日本政府は農林水産物・食品の輸出について、政府目標である1兆円規模をめざし、国を挙げて輸出促進に取り組んでいます。


MK TRADINGでは、国内外の状況にいち早く対応しながら、皆様とともに日本食ブランド・日本の食文化を世界に発信し、マーケットの拡充をめざしていきます。

sushi ●〜 海外進出による日本食の可能性 〜●

●新たな販売先に向けて、新たな販路を開拓していく中でまず、生産現場での意欲の向上につながります。海外販路を持つことで輸出実績を国内のPR活動に活用できる上、国内 販売先への信頼性の向上、産地や加工企業様のイメージアップにもつながります。
●国内市場向けの販売価格の安定化を図れる 国内の平均的な価格で一定期間にわたり、輸出向け販売契約ができれば、 期間設定によっては国内市場の需要安定に向けた効果を期待できます。
●国内市場と海外市場との嗜好の違いにより、国内で評価されにくい生産物が、 逆に注目され、その生産物が高評価されて、有利に販売できる可能性があります。
【参考資料】
※農林水産省HP 農林水産物・食品の『輸出』についてのヒント集
●はじめに(PDF:1,051KB)
● I. どうして今輸出に取り組むのか(PDF:1,673KB
● II. 輸出の4つのポイント(PDF:1,519KB)
● III. 品目、仕向地別のヒント(PDF:1,659KB)


【農林水産省HPの関連リンク】
農林水産物・食品の輸出促進対策
農林水産物・食品輸出支援策ガイド(平成31年2月時点)
農林水産物・食品の輸出促進について(2020年3月)
農林水産物・食品の輸出に関する統計情報(令和2年1月)
農 林 水 産 物 輸 出 入 情 報(令和2年1月分)





●〜 海外IWCで受賞した「外国人の口にもあう日本酒」 〜●

Great Value Sake
グレートバリュー・サケ

Champion Sake
チャンピオン・サケ

sushibar_1_1 世界的に有名なワインの品評会であり世界最大規模のインターナショナルワインチャレンジ(IWC)のロンドン大会は、最高権威の評価を受けるとさ れる大変影響力の高いコンペティショ ンです。この大会に2007年よりSAKE部門が創設されて以来、12年間で出品銘柄数も毎年増加し、出品される日本酒の品質は年々向上。2014年には261蔵725 銘柄に達し、2018年では過去最多の456社から1639点が出品、そのうち97点がゴールドメダルを獲得。2019年SAKE部門では、海外生産を含む432社から1500銘柄が出品。各カテゴリーの金メダル受賞酒の中から23点トロフィーを受賞しました。 「世界遺産の和食」(2013年12月)と併せてIWCで世界的認知を受け続けている日本酒(RICE WINE)は、海外という新たな販路を担うことで、日本国内の製造現場での生産意欲の向上や経営基盤の改善や強化にもつながり今後の海外輸出に期待が持てます。





↑link page by a Googl search engine

2020年度 農林水産・食品のイベント情報



↑link page by a Googl search engine

↑link page by a Googl search engine

↑link page by a Googl search engine

↑link page by a Googl search engine

MK TRADING スケジュール

ページの上部へ